犬との生活

飼い主が命を絶ってしまった犬との出会い

投稿日:

こんばんは。

最近は遅く起きてもむしろ気持ちいいくらいの気候で散歩できて幸せです😆

 

さて、本日は今朝の散歩で出会ったおばあちゃんとの話で

色々と考えさせられる事、犬の事を書いていこうと思います

 

今朝は近所っちゃ近所やけど時間短縮のため

少しだけ離れた公園に車で行きました

 

公園に入りパイセンの散歩をしていると

 

公園のイスに座り、横には繋がれたダックスが。

こんにちは〜と挨拶

 

パイセンが穏やかに接したので間違いなくダックスは女の子だ!と分かりました😆

 

おばあちゃんはお弁当を食べていて

単発でポンポンと喋る感じで

・この子は女の子よ

・もう8歳くらいよ

・うちの子じゃないのよ

こんな感じで話をしてくれていたのですが

 

会話の途中

・(パイセンの)お嫁にあげようか?

・この子連れて帰ってくれる?

・欲しかったどうぞ〜

という話がちょいちょいあり私達夫婦も冗談かな?と思っていたのですが

 

 

おばあちゃんから

・預かってあげてる間に飼い主が自殺しちゃってね

と言われ点と点が線で結ばれました。

 

そういう事か。

 

このおばあちゃんが飼いだしたのではなく

預かってと言われて預かったら飼い主が自殺。。

だからお嫁にあげようか?

この子連れて帰ってくれる?

欲しかったどうぞ〜

と言ってたのか。

冗談ではなかったんやな・・

 

飼い主は自殺するから、おばあちゃんに犬を預けたんやろうか?

犬はどんな心情なのだろうか。。

たくさん考える事がありました。

 

そして自分達にも置き換えられる事でもあります。

飼い主である私達がもし事故や事件でいなくなってしまったら?

災害にまきこまれたら?

入院したら?

怪我をしたら?

金銭的に厳しくなったら?

人間の事情や都合で、巻き込まれたり辛い思いをするのはパイセンやな、と今日は考えこんでいました

 

ペットを迎え入れる前にそこまで細かく考えてなかったな。。

 

当たり前に、マナーや躾などは勉強しましたが

私達飼い主が同時にいなくなった時はどうするのか?までは深く考えてなかったです。

 

勿論、お金で解決する問題もあります。

幸い、今住んでいる町には終生おあずかりをおこなっている施設があったり

私の実家や、妻の実家もあるのでその時は何とかなるとは思うのですが

完全に身寄りがない、サポートしてくれる人や施設がないという方のペットはどうなるんやろうかと色々と調べもしました。

 

犬を飼うという事は、マナーや躾などがクローズアップしがちですが

今回のおばあちゃんとの話で、それ以上にどう命を繋ぐのかという事を考え直す事ができました。

 

でも、最終行き着く先は飼い主が自分とペットの命を守る、生き続ける、生き続けさせる環境やネットワーク作りが一番大切だと思います。

ここ数年は被災続きで避難対策ばかり目を向けてましたが

今日からは更に、命と一緒に暮らしてどう繋いでいくかもしっかり意識し、出来る限りの対策をとっていこうと思います。

 

↓ポチって頂けたら嬉しいです♪
宜しくお願い致します(*^^*)

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村

柴犬ランキング

 




-犬との生活
-, ,

Copyright© 教えて、いっきゅうさん! , 2020 All Rights Reserved.