アレルギーについて 犬との生活

犬のアレルギー検査をしたらどうなの?いやしません!

投稿日:

やっとこさ!

パイセンのアゴや鼻周りの赤みがマシになってきやした!!!😭

 

今日はそんなアレルギーの話から

アレルギー検査の話を書いていこうと思います。

 

↑こちらは今年6月に入り赤くなりだした時

(写真ではこんな感じですが実際はもっと赤かったですThe 真っ赤!って感じ)

そしてどんどん酷くなり

夏場から先月10月くらいまではもう禿げ上がって

更に広範囲に真っ赤になり

たまに微量ですが血が滲んでいる日もありました

季節性アレルギーと膝蓋骨脱臼(パテラ)についての受診結果

愛犬の季節性アレルギー再受診の結果

 

 

 

 

●アレルギー検査を何故しないのか?

よく聞かれます笑

アレルギー検査をしたらどうなの?

やってみたら意外な結果かもよ?

 

そうなんですよね!

 

飼い主的には(特にわたくし、ボスは)やりたい!!

と思ってました(ますw)

 

●昨年、迎えた初めての夏

去年、9月に初めてアゴ周りが赤くなり

当時通っていた動物病院では薬の処方ですぐ治りました。確か二週間くらい内服したと思います。

 

あんまり何の薬なのかとか興味がなく、細かい事まで聞いてなかったんですが、恐らくステロイドだったと思います。

 

(今、通院している別の動物病院の先生にも当時の話をした際に「短期間で劇的に効くのであればステロイドが入っていたのでしょう」との事でした)

 

●今年のアレルギーはどうだったか

はい、異様に早かったです!!!

昨年は9月すぐ

今年は5月末からでした。

 

ちょうど足を怪我していと時だったのでよく覚えています。

脚を怪我してしまった愛犬(*_*;

脚を怪我してしまった愛犬②

脚を怪我してしまった愛犬③完

 

アゴ周りがほんのり赤くなりだし

鼻周りも徐々に徐々に、、、

といった感じ

そしてアレルギー検査も視野にいれて、というかアレルギー検査を申し込みに6月に一度受診しました。

 

●アレルギー検査を相談した結果

先生の見解

  1. アレルギー検査の信憑性が正直低い
  2. 低い信憑性のデータからどう判断すべきか
  3. 仮に100%信頼性があったとしても、そのアレルゲンが防ぎ用のないものだった場合どうするのか?

というお話でした。

実は昨年のアレルギーが初めて出た際の当時の病院でも同じ話があり、検査を見送った経緯があったのです。

当時の先生も「この検査自体が正直まだ?マークの状態。そしてこの検査機関が東京に一つあるだけで競合機関がいない分、ここが価格設定も自由自在で高すぎる。検査はオススメしない。そして今、せっかく薬で状態が良くなってきたのに、検査するとなると数週間薬をやめてまた状態を悪化させてから検査しないといけない」との事でした。

(ちなみに余談ですが、当時検査をするために4〜5万ほどは用意しといてねと言われ翌月控えていたペットと泊まれる旅行をキャンセルしてお母ちゃんのテンションを奈落の底まで落としましたw挙げ句、検査もしなかったという結末に更にお母ちゃんの落ち込みようはパネェもんでした!🤣)

 

●我が家の出した答え

とりあえず今はしません!w

なぜしないという決断だったのか

それは

・今年は去年よりもはるかに早く発症した

・同じアレルゲンとは考えにくい

・今の先生より「何に当たっているかは分からないが、正直この程度で済んでいるなら薬も処方しない」「夜に寝られないほど掻きむしっていない」「掻きすぎて出血などもない」

という所でした。

去年と別のアレルゲンではないなら尚更検査したほうが良いと思っていたのですが、やはり毎年ある一定の周期でアレルゲンになり得るものはやってくると勿論思うのですが、

やはりその季節その季節によって変化や多少のズレはあるかなと思いました。

新たにアレルギーとして発症したという事も考えてはいますが、同じアレルゲンであってもその年ごとに量や多少の時期が変わっているだけかも?という可能性が湧いてきたのです。

そして何より決定打になったのは、

・検査の信憑性

・信憑性の低いデータから何をどう判断するのか

・明らかに危険レベルと分かる結果であれば判断しやすいがこのパイセンのアレルギー反応の出方であればそんな危険レベルと分かる数値が出るとは考えにくい

・飼い主的にはこの赤みと痒みをどうにかしてやりたいと思っていたが、先生の話を聞いていくと「こんな程度」という事が分かった

 

以上のことで、結果を見送る事にしました。

 

●今後どうしていくか

パイセンは今年7月に打った狂犬病ワクチンでアレルギー反応が出て、それも先生が今までに見たことない特殊な出方だった

こういう事から「今後一切のワクチン(狂犬病ワクチン、混合ワクチン共に)を打つ事はできない。麻酔であっても命に関わる時以外はできない。また口に入れるもの全てに注意が必要」との話もあり

あまり治療!薬!といった事は軽々しくできないだろうなと思っています。

 

なので、極力アレルギーが出始めたら草が多いところや畑などには近づかずドライブがてら遠方に遊びに行って遊んだり刺激をもらったりと工夫しています。

 

また、秋冬は何にもないので(今年は5月から出始めて今もまだ赤いですが)季節性アレルギーだろうと思ってはいるのですが、

アレルギーって食事からが原因で出始める事もあるみたいよ!というお話を教えてくださった方がいまして

え?季節性アレルギーも!?ルーツは食事からかも?とびっくりした記憶がございました笑(ちなみに真偽の程は分かりまへん)

 

パイセンのお里のブリーダー さんもお迎えに行った際にフードはあまり変えない方が良い。アレルギーが多いっていうとこはご飯やオヤツを色々与えているという傾向があるっと仰っていました。

 

以上の事から、

ご飯も数週間前からブリーダー さんのオススメのフードに戻しました。

フードを変えてアゴ周りや鼻周りが変わってきたのか?と言われれば全く変わっておりません!笑

むしろ酷くなった時もありました(いやこのフードが原因やとは思ってないですよ笑)

 

でも、一番アレルギーに安心なのは今のところこのフードなのでしばらく、というか来年の5月くらいまで継続して今年発症したアレルギーとの兼ね合いも見てみたいなと思います。

まぁ、季節性アレルギーだったら

フードは全く関係ないというのが濃厚かなと思いますが、、、。

試してきたドッグフードたち。結果何に落ち着くのやら。

 

まぁホント、今日のこのブログからも察しの通りあんまり飼い主である私が、決断力もなく

結果どないやねんというフワフワした内容になってしまいましたが

今のところアレルギー検査はしないという事でありますw

ボスの個人的(趣味)ではやりたいんですがね!笑

じゃやれよって?

やりませぬ!

いまのところは!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます😊

↓ポチって頂けたら嬉しいです♪
宜しくお願い致します(*^^*)

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村

柴犬ランキング

 




-アレルギーについて, 犬との生活
-, ,

Copyright© 教えて、いっきゅうさん! , 2020 All Rights Reserved.